HOME>特集>住宅に関する保険のこと知っていますか?瑕疵保険で安心感を得る

住宅に関する保険のこと知っていますか?瑕疵保険で安心感を得る

家族

住宅の購入は購入価額が高額なこともあり、その人にとって一生の中でも重要な買い物です。そこで、万が一にもトラブルに巻き込まれないように十分注意して行うことが大切です。しかし、住宅も人が作るものですから常に完全であるということはありえず、何らかの欠陥が隠れていることも否定することは出来ません。このような欠陥のことを瑕疵と呼びます。住宅の売買に関しては、法律上の瑕疵担保責任が適用され、欠陥があった場合、販売者に責任の負担を請求することが出来ます。具体的には損害の賠償などです。しかし、法律上の責任追及は時間も手間もかかります。そこで、あらかじめ欠陥があった場合の保証を設定しておくのが瑕疵保険というものです。

瑕疵保険については、その保険料の負担に関して販売者側と購入者側で負担する場合があります。販売者側の負担の場合は、住宅の購入手続きの一環として行われることになります。一方、購入者側の負担の場合には、購入手続きとは別に保険への加入手続きを行う必要があります。購入する住宅に関する情報の必要となるので、購入者側の協力が必要になることもあります。購入者側で保険料を負担する場合には、余計な出費が増えると感じることもあります。しかし、万が一住宅に欠陥があった場合には、修繕費用など高額の出費が必要になります。このような出費額に比べれば保険料はごく少額のものです。むしろ、これからの生活の安心のための出費と思えば、決して高額ではないといえます。

ミニチュア