健康的な毎日を過ごす

うつ伏せになる女性

症状は個人差が大きいです

更年期障害は閉経を迎えるころに女性の多くが経験します。ホルモンバランスが乱れるためにめまいや動悸や息切れなどの症状が出てしまいます。更年期障害は個人差が大きく症状が軽い人もいれば、寝込むほど重くなる方もいます。症状が重いときは無理をせずに安静にしなければなりません。また医師に正しいホルモン治療をしてもらうと良いでしょう。更年期障害は自分一人で抱え込まないようにして、家族や友人の助けを借りなければなりません。したがって、食事もなるべくバランスのとれた食事を心がけると良いでしょう。しかし、毎日3食バランスのとれた食事を用意するのは、時間もかかりますし大変なことです。そのようなときは、栄養補助食品のサプリメントを摂取すると良いでしょう。

足りない栄養素を摂取する

サプリメントは食後などに毎日摂取していると効果を得ることが出来ます。正しく摂取していれば安全でとても便利です。また、場所を選ばずに摂取出来るのも魅力です。しかし、多くのサプリメントがあるので、どのサプリメントを選べばよいか迷う方がいると思います。そのような方は、医師や栄養士に相談して、更年期障害に効果があるものを選んでもらいましょう。更年期障害だからといって、家に閉じこもってばかりいては気分も滅入ってしまいます。体調がましなときは、散歩したり、友人とお喋りしたりすることも、ストレス発散や気分転換になるのでおすすめです。また、趣味や生き甲斐を持っていると、集中出来る時間ができるため、しんどいことも忘れてしまいます。無理のない程度に規則正しい生活にして、楽しく過ごしましょう。